小豆島で移住失敗!四国移住失敗(香川県に移住し失敗)のブログ。香川移住失敗と事故(2ch)、仕事は?

スポンサードリンク
 





 

 

小豆島への移住失敗はなぜ起こるのでしょうか。

 

瀬戸内海に囲まれた豊かな自然に穏やかな気候で、

移住先として人気の小豆島ですが、

島暮らしはうまくいかないこともあります。

 

小豆島移住のリアルを紹介します。

 

小豆島に移住失敗?移住の失敗とブログ、仕事について

 

小豆島への移住に失敗するのはどんな場合でしょうか。

 

小豆島は人口3万人ほどの、

香川県に属する瀬戸内海の島です。

小さい島なので、都市部のように多様な仕事が

あるわけではありません。

 

移住の際は、限られた選択肢の中で自分に合った職を

得られるかが重要になります。

職場の雰囲気や人などは実際に働いてみないと

分からないので、運任せな部分もあります。

 

小豆島は3万人の人がいるとはいえ、

昔ながらの村社会で、近所づきあいが必須です。

 

隣人や自治会の人に干渉されたくない、

周囲に束縛されずに自由な暮らしをしたい

という人は向きません。

 

小さな島で仕事も生活も同じコミュニティの中で

することになるので、どちらかでうまくやって

いけないともう一方にも影響が出て、暮らしを

続けるのが難しくなります。

 

また、小豆島ではコンビニや飲食店、

娯楽施設が限られているので、都会の暮らしに

慣れた人は不便、退屈と感じることが多いです。

 

実際に小豆島に移住した小林繭子さんは、

自身の小豆島暮らしの良くなかった点を

ブログで紹介しています。

 

その一部は以下のようなものです。

 

・息をひそめた同調圧力をうまくかわす力が無かった
・地方の中小企業というものを理解していなかった
(これまで大企業のみ)
・そもそも自然を求めていたわけではなかったので、
 エンタメ不足で退屈

 

【引用元:失敗を本気で受け入れると気づける
ことがあった(移住のリアルここにあるよ)

 

小林さんは小豆島に移住して3年後、

島暮らしをやめて香川県高松市に移住しています。

 

こちらの小林さんの記事には他にも小豆島移住の

メリット、デメリットが紹介されているので、

気になる人はチェックしてみてください。

 

移住のデメリットを納得した上でやっぱり小豆島に

移住したいという場合は、可能であれば行政の

支援などを活用して短期間滞在してみて、長期的に

住めそうであれば移住を決めるというように

段階を踏むと良いです。

 

四国移住失敗?香川県への移住に失敗。香川移住失敗、事故と2ch

小豆島

 

四国はどの県も自然が豊かで、

年間を通して温暖な気候なこともあり、

都会を離れてゆっくり生活したい人の

移住先として人気です。

 

しかし、香川県などの四国への移住に

失敗した人は多いです。

 

2chでは香川移住を考えている人がいると、

「何もない」「結局大阪に遊びに行くことになる」

などと否定的な意見が出ます。

 

香川県の県庁所在地である高松はある程度都会

ですが、そうはいっても商業施設や娯楽施設が

限られたものしかないので、若者は遊ぶ場所が

少ないと不満を感じがちです。

 

また、香川県に住むなら車が必須ですが、

香川県は運転の荒い人が多く、交通事故が

多いことでも有名です。

特に年配の世代にせっかちな人が多いです。

 

関東などの人は香川県に穏やかそうなイメージを

持ちがちですが、実は治安が良くない地域

あります。

 

万引きが多かったり、ヤンキー風の若者が

コンビニにたむろしていたりすることがよくあります。

家を決める前に地域の治安は調べておきたいですね。

 

さらに、香川県は人の性格も若干陰湿で陰口を

よく言う傾向があるので、移住者は戸惑うことも

あります。

 

四国には昔から旅行者が神社などを巡礼する

お遍路さんの文化があるので、外部から来た人に

表向きは良くしつつ仲間内では不満を言う・・・

というような習慣がついていてるのかもしれません。

 

もし陰口を言われたことが分かっても、

いじめなどに発展しないようであれば、

そういう風土なんだと割り切って人と

付き合う必要があります。

 

小豆島への移住失敗について

小豆島

 

小豆島や香川県への移住に失敗する原因は

お分かりいただけましたか。

 

小豆島での生活するには自分に合った仕事が

得られるか、近隣住民と馴染めるかが重要です。

 

香川県の都市部も関東などとは違った環境なので、

移住を考える際はまずは訪れてみて、

本当に暮らしていけるかよく検討しましょう。

 

 

コメント