ラオスで夜遊び!置屋とルアンパバーンの風俗、ラオス夜遊び

スポンサードリンク
 





 

 

東南アジアの秘境

とも呼ばれる

ラオスは、

 

観光としてはもちろん

一人旅でも

人気のある国

なっています。

 

旅行に行った際には、

夜遊びがつきもの

ということで、

 

ラオスの夜遊び

について紹介します

 

 

ラオスで夜遊び。置屋などラオス夜遊び、風俗とラオス置屋

 

近年

発展を遂げている

 

タイやベトナムに

挟まれた位置にある

ラオスですが、

 

今もなお

人類の遺産と

豊かな自然に包まれ、

 

東南アジアの秘境と

呼ばれています

 

例えば、

世界遺産の古都である

ルアンパバーン

 

首都のビエンチャンなど

様々な観光地があります。

 

とは言え、

旅行に行けば

夜遊びはつきものなので、

 

ラオスの

ソープ事情について

見ていきます。

 

ラオス風俗は

主に3種類あり、

ホテル置屋や食堂置屋、

そして出会いバーとなります。

 

それぞれ見ていくと、

まず置屋に関して、

 

置屋というのは、

表向きに

風俗を謳うことが

出来ないため、

 

表向きは民家として

遊女を抱えている

お店のことを言います。

 

そんな置屋にも

ホテル置屋と

食堂置屋の2種類があり、

 

まずホテル置屋に関しては、

ホテルの横にある建物に

女の子が並んでおり、

 

そこから指名して

ホテルで本番を行う

というものです。

 

このホテル置屋の

ホテル自体が

2つ星〜4つ星と

質の高いホテルであり、

 

そして置屋にいる

女の子のレベルも

非常に高いことから

 

人気のある置屋と

なっています。

 

続いて

食堂置屋に関しては、

 

食堂なので

飲食を

女の子と楽しむことが出来て

 

かつ、

 

本番行為も

できるというもので、

ローカル向けなことから

費用は安く抑えられます。

 

最後に

出会いバーに関しては、

 

その名の通り、

バーに来ている女の子を

口説いて

 

夜遊びをする場所と

なっていますが、

話しかける勇気があり

 

かつ、

ラオスで

 

コミュニケーションが

取れる言語を話せないと

 

厳しい場所と

なっているので、

 

出会いバーよりも

置屋の方が

夜遊びをする上では

お勧めです。

 

各相場に関して

日本円に換算すると、

 

ホテル置屋の場合は

4,000〜5,000円、

 

食堂置屋の場合は

2,000〜3,000円となり、

 

出会いバーに関しては

交渉次第となります。

 

このことからも

置屋は

日本の風俗に比べて

格安なことから、

 

夜遊びには最適であり、

もし余裕があるのなら

 

女の子のレベルが高い

ホテル置屋で

遊ぶことをお勧めします。

 

 

ルアンパバーンで風俗!ビエンチャンの置屋など風俗、夜遊びについて

 

ラオスでの

風俗の遊び方を

わかったところで、

 

実際にどの町に

行けば良いのか

について見ていきます。

 

やはりお勧めとしては

首都の

ビエンチャンになります。

 

ビエンチャン(ヴィエンチャン)の

風俗は盛んで、

置屋が集中しています。

 

その中でも

ホテル置屋に関して

主な場所は、

 

ランダオホテル1、

ソクサイフォンホテル、

 

ティハウホテル、

ビエンチャンプラザの

4つとなります。

 

そして

食堂置屋に関しては、

 

ビエンチャンから

少し離れている場所に

あるため、

 

観光でビエンチャンに来て、

ビエンチャン市内の

ホテルに泊まる際は、

 

ぜひホテル置屋のホテルに

泊まってみると、

夜遊びができて

 

かつ、

そのまま

宿泊もできるため

お勧めです。

 

そして

観光地として有名な

ルアンパバーンにも

風俗はあるので、

 

もしルアンパバーンに

泊まる際でも

夜遊びは可能です。

 

ちなみに

ルアンパバーンは

世界遺産に登録されている

仏教都市で、

 

文化的で美しい建造物、

仏教寺院などが数多く

存在しています。

 

そしてラオスを象徴する

メコン川を街全体が

横切っているのが特徴であり、

 

雄大な自然と

仏教都市を

感じることはもちろん、

 

ショッピングや

カフェ文化なども

楽しめる街と

なっているので、

 

観光に行く際には

お勧めの街となります。

 

 

ラオスでの夜遊びについて

 

世界遺産の

仏教都市である

ルアンパバーンが

有名なラオスでは、

 

観光や一人旅として

楽しめることはもちろん、

 

夜遊びとして

風俗を

楽しむこともできます。

 

ルアンパバーンでも

夜遊びはできますが、

 

ラオスの首都である

ビエンチャンの方が

置屋が集中しており、

風俗が盛んなので

 

ビエンチャンで

遊ぶことをお勧めします。

 

その中でも

ホテル置屋が最もよく、

宿泊している

ホテルの横に置屋があること、

 

そしてなんと言っても

ラオス国内で

ホテル置屋に在籍している

女の子のレベルが高いことが、

 

ホテル置屋を

お勧めする

理由となります。

 

ラオスの風俗の中では

高いかもしれませんが、

 

日本に比べると

格安なので、

 

ぜひ夜遊びする際は、

ビエンチャンで

 

コメント