アメリカ人の食事、夕食など一週間の献立は?食生活がひどい?肥満と毎日の食事

スポンサードリンク
 





 

 

アメリカ人の食事の一週間の内容は

どんなものでしょうか。

 

アメリカといえば油や糖分の多い

ジャンクフードの発祥地で、

肥満の人が多いイメージが強いです。

 

実際はどうなのか、

アメリカ人の食生活を紹介します。

 

 

アメリカ人の食事、一週間の献立は?夕食の献立など

 

一般的なアメリカ人の一日の生活、

特に食生活を見てみると、

ジャンクフードを食べることがとても多いです。

 

一週間の献立では、

朝食の定番は甘いシリアルに牛乳をかけたものですが、

朝食を食べない人もいます。

 

平日の昼食はお店でハンバーガーやホットドッグ、

ピザなどを頼むのが一般的です。

 

夕食は、家庭で作る場合はステーキや冷凍食品など

簡単に調理できるものが人気です。

 

夕食を家で作らず、

お店でジャンクフードを食べることも多いです。

 

アメリカ人の食事はどうして

こうなってしまったのでしょうか。

 

 

アメリカの家庭は

共働きが多いのであまり自炊をせず、

外食をすることが日常になっています。

 

平日は昼食はもちろん、

夕食も自炊せずに外食で済ますことが多いです。

 

そして、アメリカで外食するには

ジャンクフードが一番安いのです。

 

アメリカでは、健康的な食事が

食べられるようなレストランはどこも価格が高く、

 

一般的な家庭であれば

日常的に通える場所ではありません。

 

そのため、多くの人は安価で

お腹を満たせるジャンクフードを食べるのです。

 

 

また、日本人としては驚きなのですが、

アメリカでは学校の給食もフライドポテトや

ピザなどのジャンクフードです。

 

治安の点から生徒は学校までは

車で送迎されて運動量も少ないので、

アメリカでは子どもの肥満も問題になっています。

 

 

アメリカ人の食事は量が多いことも特徴です。

 

日本に来たアメリカ人は、

日本のハンバーガーは

小さいとよく不満を言いますが、

 

実際にアメリカのハンバーガーの

普通サイズが日本のハンバーガーの

ビッグサイズより大きかったりします。

 

 

逆に日本人がアメリカ生活をすると、

ほとんどの人はアメリカの

食事のボリュームにまいってしまいます。

 

長期滞在した場合は、

アメリカの食生活に慣れて

太ってしまうのもよくあることです。

 

特に学生の一人暮らしは

太りやすいと言われます。

 

アメリカではスーパーで売っている食材が

大きなパックしかないので、

 

一人暮らしで食材が余らないように

自炊しようとすると

かなりの工夫が必要になります。

 

そのためアメリカの学生で自炊をする人は

ほとんどおらず、

毎日ファストフードを食べて太ってしまうのです。

 

 

アメリカ食生活!食生活がひどい?肥満と毎日の食事

 

多くのアメリカ人の食生活はひどいもので、

アメリカには肥満の人が多いですが、

毎日の食事の内容を変えるのは難しいものです。

 

一般家庭のアメリカの夕食を、

急に野菜のみのヘルシーな献立に変更したら

苦情が来るでしょう。

 

高カロリーなアメリカ食事によって、

アメリカ人の3割以上が肥満になっています。

 

過体重の人を含めると、

アメリカ人の7割以上が

太りすぎということになります。

 

ほとんどの人が太っているので、

太っていることを悪いことと

捉えない空気もあります。

 

肥満と言われても本人が問題と思わず、

生活習慣や食事の内容を

変えないことも多いです。

 

 

一方で、アメリカにはこのような

アメリカ人の食事を嫌う

ベジタリアンやヴィーガンの人もいます。

 

本格的なベジタリアンとまではいかなくても、

ヘルシーな料理やヴィーガンレストランも

一部でブームになっています。

 

アメリカでは富裕層ほどヘルシーな食事に

関心を持っていて、

 

お金持ちほど野菜などの

健康的な食事をする頻度が高くなります。

 

 

アメリカ人の食事、一週間について

 

アメリカ人の一週間の食事について、

いかがでしたか。

 

アメリカでは食生活や生活習慣による肥満が

大きな社会問題になっていますが、

なかなか状況は良くなりません。

 

日本でも、ジャンクフードばかり食べていると

アメリカと同じように

肥満に悩まされることになります。

 

ハンバーガーやピザは手軽でおいしいですが、

ほどほどにしたいですね。

 

コメント