副業の税金はいつ払う?計算のシミュレーション…60万、20万以上で税金いくら?100万の住民税と200万、30万の税金

 

本業以外にも収入がある場合、

いわゆる副業をしている方は個人で税金を払う必要が

あります。

 

今回は副業をしたいと考えている方に税金は

いつ払うのかを紹介していきます。

 

副業の税金、いつ払う?いくらからばれる?税金かからない、税金対策と申告…バレる?バレない?

 

副業をしていて確定(申告)をしなかった場合、

税務署によってばれる可能性があります。

というか、ばれない方法というのは基本的に

ありません。

 

では副業による税金はいつ払うのか、

いくらから発生するのか、

その払い方などを簡単に紹介します。

 

副業で発生した所得が20万円以下の場合

所得税金の申告は不要ですが住民税の場合は

税金を支払う必要があります。

 

その場合、収入が発生した翌年の2月16日~3月15日の

期間に確定申告書を税務署に提出します。

 

現在はインターネットによる確定申告やマイナンバーを

使用した方法もあり直接行かなくても確定申告ができる

ようになっています。

 

副業での税金は所得金額が高いほど税率も上がりますが、

195万円以下だと税率は5%、330万円以下だと10%ほどが

所得税によって差し引かれます。

 

サラリーマンが副業による税金対策をするには売上から

経費を差し引いた所得が低い税率内に収まるようにする

ことが現実的な対策になります。

 

1円でも税率の区画を超えてしまうと税率が上がって

しまうため注意が必要です。

 

サラリーマンや個人事業主など関係なく、

副業での税金の計算方法も累進課税制度を採

用されているため、所得金額と所得税の税率の

乗算で出すことができます。

 

先程も紹介しましたが、副業で税金がかからない

金額は所得税だと20万円以下でも住民税だと

その限りではないことは覚えておきましょう。

 

副業でアルバイトをする方も税金対策として

所得金額の見込みと税率の区画を意識して

働きましょう。

 

また、ダブルワークになるため副業の方は

高確率で自分で確定申告しなければならない

ためその点も注意が必要です。

 

よく税金がかからないバイトや副業はありますか、

という質問がきます。

 

副業や税金対策の内容や税金についてのおすすめの

本などの相談です。

ただ内容によっては脱税するにはどうすれば良いのか

というニュアンスが一定数います。

 

日本で働いている以上、納税義務があり脱税は犯罪に

なるので、まずはどうすれば税金を抑えられるのか、

減税するにはどうすれば良いかという考えに切り替え

ましょう。

 

余談ですが、最近はウーバーイーツ(uber eats)を

よく見かけますが副業としてみると事業所得または

雑所得になるため経費を入れた税金になります。

 

占い師などもこれに位置するため副業でもしっかりと

経費を計上して減税し税金を安くするという興味深い

話を聞きました。

 

副業の税金を計算!シミュレーションで…60万、20万以上、200万や30万、50万の税金。100万、20万以下の住民税はいくら?

電卓

 

現在はインターネットで税金計算やシミュレーションが

できますので今回は簡単に紹介します。

 

年間で20万以上の所得が発生すると所得税を支払う義務が

あると先程紹介しましたが、約200万[195万以下]までが

税率10%になります。

この区画だと控除が発生しません。

 

・手取り30万円の場合

所得税控除後から計算すると年間約25万円になります。

 

・手取り50万円の場合

年間約48万円の所得税が発生します。

 

・手取り60万円の場合

年間約73万円の所得税が発生します。

 

このように収入と共に所得税も上がります。

また、住民税においても基本的には10%の税率が

発生します。

 

100万の場合の住民税は10万円で、

20万以下の場合の住民税も適応されます。

職種や特定の人には税額控除によって少し安くなる方も

います。

 

サラリーマン(ol)で個人的に副業・起業をしていると

普通は税金の確定申告は企業がやってくれるため個人で

やることに戸惑う方も多いと思います。

 

しかし、副業で発生した税金から会社に副業がバレない

ためにも自分で申告する必要があります。

 

副業で出た税金は基本的に住民税と所得税の2種類しか

なく支払い方法も住民税は納付書が届くため、金額を

計算して申告をする所得税だけを覚えれば問題ありません。

 

自分が副業を始めたときも、企業をしたときも

所得税金の計算は、ネットで計算機シミュレーターを

使用して簡単に税額控除や総税額の割り出しをしました。

面倒なのは申告の時だけです。

 

また、最近はクラウドソーシングで有名なココナラや

クラウドワークスで副業をする方が増えて税金の

節約方法について興味が湧いている方も多いです。

 

本業だけでは意外と勉強することがないですが、

副業に携わることで税金に触れる機会ができたと

いうサラリーマンから大勢質問がきます。

 

とても良いことですが、虚偽申告や滞納には注意

しましょう。

 

余談ですが、ubereatsを副業にする方は

ダブルワークによる税金の申告忘れに注意しましょう。

Ubereatsで20万円以上の収入が発生すると確定申告が

必要になります。

 

また、オークションによる転売も副業として継続的な

収益をえたとき、高額な収益が発生したときは税金の

支払いが義務付けられています。

確定申告が面倒だと思う方は収入額に注意が必要です。

 

副業による税金をいつ払うかについて

お金

 

副業で収入を得たとき、

住民税と所得税が発生します。

 

基本的には住民税の場合、6月ごろに住まいの

市区町村から納付書が届き、所得税の場合

2月中旬から3月15日までに確定申告をする

必要があります。

 

また、累進課税による税率の変化や控除を

意識することで節税することができます。

 

 

コメント