副業でイラストレーター、ばれる?公務員が副業でイラストレーター、確定申告は…ロゴデザインと開業届、初心者の収入(在宅)

 

最近は主収入だけでは

今後が心配と副業を始める方が多いです。

 

今回は公務員が副業で

イラストレーターをした場合、

勤め先にばれるのか紹介します。

 

 

公務員や看護師、会社員や教師が副業でイラストレーター、ばれる?副業禁止の場合

 

看護師や(会社員や教師)など、

今でも副業禁止な職種が多いです。

 

ですが、社会人になったが、

収入が少なく経験があるイラストレーターで

副業として働く方は多くいます。

 

ですが、イラストレーターに限らず

副業は基本的にバレる可能性があります。

 

「サラリーマンで(正社員)、

副業禁止だけど、どうにかして

イラストレーターとして副業がしたい」

 

という場合は、

・支払い名義を親や夫婦にして

自分は無償で手伝う

 

・住民税が発生しない程度で副業する

などがあります。

 

 

しかし、地方に限らず公務員や、

国からお金をもらっている(薬剤師)や

 

看護師は副業でイラストレーターとして

働くことは法律上グレーゾーンとされています。

 

 

もし副業をしたいのであれば、

副業が許されている会社のサラリーマンで

副業としてイラストレーターをするか、

 

安定した収入源になれば(フリー)の

イラストレーターとして

副業から本業にすることが安全です。

 

 

副業でイラストレーターやロゴデザイン(在宅)、確定申告は?開業届や初心者の収入

 

イラストレーターはロゴデザインや

コンテンツのデザイン、

 

アートなど複数あり完全(在宅)でも

働くことができる時代です。

 

 

しかし、副業としてイラストレーターをするなら

副業の種類、(年収)に関わらず、

年間20万円以上稼ぐ場合の所得税と

 

市区町村で決められた額以上稼いだ場合の

(住民税)を確定申告し

(本業)が会社員なら会社で

 

(年末調整)する必要があるため

やり方を押さえておきましょう。

 

自分も確定申告を始めてした初心者のときは

係員にあれこれ聞いて何とか出来ました。

 

また、

 

「副業禁止ですがイラストレーターの副業や

バイトがしたい」という相談が

(知恵袋)でありました。

 

イラストレーターの副業やバイトをしても

(住民税)から本業の企業に

バレることが多いです。

 

その場合停職や減給になりますので、

就業規則に従った副業として

イラストレーターのバイトをしましょう。

 

どうしても副業で

イラストレーターをしたい場合は

 

(税金)を、特に所得税20万円以下は

必ず守りましょう。

 

 

ここからはイラストレーターの

副業の始め方を簡単に紹介します。

 

・副業でイラストレーターになるには

フォトショップとIllustrator、

2つのソフトで勉強する

 

この2つが使用できれば初心者でも

勉強しながらイラストレーターの

副業ができるソフトです。

 

副業に限らずプロイラストレーターになるには

必須レベルで有名で便利なツールです。

 

・イラストレーターの副業でもできる求人は

クラウドソーシングの(サイト)がおすすめ

 

副業としてイラストレーターになりたいなら

ランサーズやクラウドワークスなどの

 

クラウドソーシングを

使用することがおすすめです。

 

 

副業に加え初心者の場合でも

イラストレーターを年中募集しており、

 

(本業)にしたい、

(フリーランス)になりたいという方は

まずここで下積みする方も多いです。

 

 

イラストレーター以外にも、

簡単な在宅ワークなども副業としてできるため、

 

まずは無料登録して

どのような案件があるのか確認しましょう。

 

 

・副業で経費や口座開設って必要?

イラストレーターの副業をした場合、

それなりにかかる費用を経費として

 

収入と合わせて20万円以上にならなければ

確定申告の必要はないため、

副業を始めるときは注意しましょう。

 

また、イラストレーターだけではなく

副業をする場合は口座を新しく開設した方が

 

確定申告するときに

まとめやすくなるためおすすめです。

 

 

・フリーランスは開業届を出すべき?

特に必要ありませんが、

 

今後節税や小規模企業共済への加入を

考えているのであれば

開業届を出す必要があります。

 

 

副業でイラストレーターになるのはばれるのかについて

 

イラストレーターに限らず副業は

住民税からバレやすいため、

 

副業可能な職業や会社に

転職することがおすすめです。

 

どうしても副業したいのであれば、

税金対策をして自社の就業規則を理解したうえで

自己責任ですることを理解しておきましょう。

 

コメント