アドレスホッパーとは?迷惑な女性とトラブル、荷物や持ち物…住民票と海外、市橋って?コロナの影響と収入、税金と会社員のホームレス

 

アドレスホッパーは、

ホームレスのように家を持たずに、

人に迷惑をかけることもなく、

自由気ままに移動しながら生きていスタイルです。

 

これから、時代とともに

主流となっていく生活スタイルかもしれません。

 

 

アドレスホッパーとは?迷惑なの?トラブルの報告…コロナの影響は?

 

コロナの影響で、

アドレスホッパーという言葉を

よく聞くようになりました。

 

アドレスホッパーとは一体なんでしょうか?

 

アドレスホッパーの意味は

「家を持たずに暮らす生活」ということですが、

家がないからといって、

いわゆるホームレスではありません。

 

アドレスホッパーは、

仕事をして収入を得て税金も払っている、

れっきとした社会の一員です。

 

従来、アドレスホッパーの職業は、

ネット環境とPCさえあれば仕事ができる

フリーランスや自営業がほとんどでした。

 

しかし最近は、リモートワークが普及して、

会社員のアドレスホッパーも増えてきました。

 

アドレスホッパーになると、

家を持ったり賃貸契約するしがらみがなくなり、

ご近所トラブルで悩むこともなく、

 

自由に好きなところを

点々としながら生活ができるわけですが、

問題となるのが国民の義務である住民税の支払いです。

 

日本国民は、

どこかに拠点を持って

住民票登録しなければいけないので、

 

迷惑でなければ実家、

それ以外は

住民票を置いておけるサービスを

利用することになります。

 

コロナによる働き方の変化の影響で、

アドレスホッパーとして生きていくための

さまざまなサービスを提供する会社が増えています。

 

「ADDress」「Hafh」は代表的なもので、

個人のニーズに合わせたサービスが充実しています。

 

アドレスホッパーという生き方は、

ますますトレンドになりそうです。

 

 

アドレスホッパーの女性と荷物!持ち物や住民票、市橋って誰?海外でも

 

アドレスホッパーの意味は、

「特定の居住を持たない生き方」ですが、

似たような言葉に、ノマドワーカーがあります。

 

こちらは、

「特定の働き場所を持たない生き方」という意味で、

仕事をするために毎日会社に行くのではなく、

好きなところで働く生活スタイルです。

 

言葉は違えど、アドレスホッパーとノマドワーカーは、

重なり合う共通点が多くあります。

 

ノマドワーカーの先駆けといえば、

女性の有名人である安藤美冬さんがいます。

 

今から約10年前、まだサラリーマンは、

会社にデスクと椅子があるのが当然という時代に、

ノマドワークスタイルを推奨した方で、

かなり先見の明があったのでしょうか。

 

最近のブームで、注目を集めています。

 

ちなみに、

アドレスホッパーの生みの親で有名なのは市橋正太郎さん。

 

この方も最近本当にたくさんのメディアに出て、

アドレスホッパー生活を語っています。

 

アドレスホッパーのメリットはたくさんあります。

 

通勤時間がないので時間に余裕ができるし、

職場での人間関係に悩まされることもありません。

 

好きなところで好きな時間に仕事ができる

自由なライフスタイルは、誰もの憧れです。

 

居住にかかる家賃や光熱費などの固定費を考えると、

アドレスホッパーにかかる費用の方が

格安なこともあります。

 

当然、アドレスホッパーにはデメリットもあります。

 

アドレスホッパーは基本ホームレスなので、

持ち歩けない余分な持ち物をどこかに預けなければなりませんし、

郵便物を受け取ることができないので

私書箱などのサービスを利用しなければなりません。

 

アドレスホッパーになる際に、住民票を実家に移し、

荷物も郵便物もすべて実家が引き受けてくれるなら

問題解決ですが、それができない場合は、

月々それなりの余剰費用がかかります。

 

アドレスホッパーの

最大のデメリットと言えるのは、物件探し。

 

次に住む場所を探し続けることや、

新しい環境に適応することは、

人によっては意外にストレスになったりするようです。

 

アドレスホッパーやノマドワーカーなどのスタイルは、

今後ますます人気となりそうです。

 

コロナが収束した後、

その移動範囲は、

きっと日本を超えて海外にも広がっていくことでしょう。

 

海外でアドレスホッパーやノマドワーカーになる場合、

海外転出届を出せば、

煩わしい住民税などの税金の支払いは免除されるので、

忘れず手続きするようにしましよう。

 

 

アドレスホッパーと迷惑について

 

アドレスホッパーという生き方は、

これからの時代にあった仕事や生活のスタイルです。

 

自由気ままに、なんの契約もしがらみもなく、

自分のやりたいように好きな場所で生きていく。

 

そんな夢のような生活が、

普通に送れる日が、近い将来やってくると思います。

 

新型コロナが生み出したたった一つの功績かもしれません。

 

コメント