鼻づまりとスピリチュアル、江原のメッセージの意味は…くしゃみと鼻水、スピリチュアルな原因とは

スポンサードリンク
 





 

 

鼻づまりにスピリチュアル的な

意味があるという話を聞きました。

 

身体の不調とスピリチュアルの関係を知れば

自分を省みることになりそうです。

 

今回はスピリチュアルと鼻づまり、

鼻水やくしゃみについての情報です。

 

 

鼻づまりとスピリチュアル!江原とメッセージ

 

鼻づまりは誰でも経験するものですが、

そこにスピリチュアル的な意味が

あるとしたらどうでしょうか。

 

江原啓之さんや美輪明宏さんによる

スピリチュアル系の話はとてもメッセージ性が高く、

興味をそそられます。

 

よくある身体の症状を

スピリチュアル的に考えてみると、

自分をいたわるためのヒントになりそうです。

 

風邪を引くと、鼻水や鼻づまりの症状が出ます。

 

きっと、もともともっている

宿命というものはありますが、

自分でコントロールが出来る事もあるはずです。

 

鼻づまりなど風邪のような症状も、

何かに気を付けるように

促されていると考えれば、

 

心の持ち方に変化がありそうです。

鼻炎などアレルギー症状は、

 

人に嫉妬する自分への嫌悪感が

原因になっている場合があります。

 

鼻は、慣用句でもよく使われますが、

「鼻につく」など相手に対して

嫌なイメージを表したものがあります。

 

このような意味から考えても、

鼻づまりなど鼻の症状が続く時は、

 

自分が傲慢になっていないか、

考えてみるのもおすすめです。

 

同じように慣用句になっている

身体の部分は多いです。

 

昔から心の状態が身体の症状として

現れることはよくあるので、

 

病気の症状と心との関連については

気に留めておいて損はないはずです。

 

 

鼻づまりとくしゃみ、鼻水…スピリチュアルな意味と原因

 

風邪による鼻づまりの意味は、

自分の感受性を開放して

活用するべきだということです。

 

周りの人を助けていくべきだという

メッセージなのです。

 

鼻水は、自分の中にある

マイナスのエネルギーを

発散しているとも言われます。

 

アレルギーがあると鼻水が出ますが、

これも無意識にマイナスの感情を

浄化していると言われます。

 

 

くしゃみや鼻水が止まらない時、

それにもスピリチュアル的意味があります。

 

マイナスの感情が限界に達するほど

自分の中にたまっていると

症状に現れるのです。

 

普段から風邪を引きやすかったり、

無理をして疲れている人は、

このような症状に悩まされるものです。

 

そして、そんな風邪が治った時は

心身が浄化されて

すっきりするのではないでしょうか。

 

 

おもいっきりくしゃみをすると、

すっきりします。

 

それは心が癒され、

浄化されるからという説があります。

 

くしゃみには、スピリチュアル的な意味を

持たせる言い伝えがあります。

 

昔から、くしゃみをすると

誰かに噂されている、と言いますし、

回数によって意味が変わったりします。

 

 

自分は知りませんでしたが、

時間帯や曜日によって

意味が変わるらしいです。

 

例えば、月曜日のくしゃみは、

良くないことがあるというメッセージです。

 

休み明けの仕事でミスをしがちなので

気を付けようという意味かもしれません。

 

火曜日のくしゃみは

素敵な出会いのチャンスがあるということです。

 

水曜日のくしゃみは

良い知らせが舞い込む予兆です。

 

木曜日のくしゃみは幸運を招き、

金曜日のくしゃみは一番アンラッキーなので、

おとなしく過ごした方がよさそうです。

 

土曜日のくしゃみは、

恋人との仲が深まる暗示です。

 

不思議なのは日曜日には

特に意味がないことです。

 

 

くしゃみが自分の中にある

マイナスなエネルギーを外に出す行動であれば、

定期的に必要なことだと考えることが出来ます。

 

マイナスエネルギーを、

ためこまないことが大切ですし、

風邪を引くのも原因があるので、

 

無理をしがちな人には

自分の行動を省みる

きっかけになれば良いと思います。

 

 

まとめ

 

鼻の症状だけではなく、肩こりがひどい時、

呼吸器のトラブル、むくみがあるなど

身体の不調を感じたら、

 

受診するのはもちろんですが

自分の今の行動や心理状態についても

確認してみることをおすすめします。

 

コメント