フランス移住、ワーホリは難しい?移住と仕事の後悔…フランスに住むには?

スポンサードリンク
 





 

 

フランスのワーホリは難しいのでしょうか。

 

フランスのワーキングホリデービザ、

通称ワーホリビザは、申請費無料で就労、

就学もできる人気のビザです。

 

申請の条件や

フランス移住生活について紹介します。

 

 

フランスにワーホリで仕事!難しい?フランス移住と仕事、フランスに住むなら職業(仕事)は?

 

フランス移住をしたいがどうすればいいか?

 

パリで長期的に暮らすために

どんな方法があるかと調べて、

 

ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザを

取得しようと考える人は多いです。

 

 

ワーホリは他のビザと違い

申請料金がかからない上、

仕事や通学の自由度も高いためです。

 

 

なお2022年現在、フランス大使館は

新型コロナの影響でワーホリビザの申請を

受け付けていないのでご注意ください。

 

以下ではコロナ後に備えて

フランスのワーホリビザについて

紹介していきます。

 

 

フランスは約半年(180日)のうち

90日以上滞在する場合に

ビザが必要になります。

 

それ以下の滞在期間で

旅行するならビザは不要です。

 

 

フランスワーホリの有効期限は1年間で、

年齢は30歳以下であること、

子連れではないことが条件があります。

 

フランスが日本のワーホリビザを発行する

上限は年に1500人程度と見られますが、

応募者が多いので取得は難しいとされています。

 

また、ワーホリでフランスに住むには、

「ワーキング」ホリデーというくらいなので

現地で仕事をする必要があります。

 

日本食の飲食店や土産物店の店員などの

アルバイトであれば

比較的簡単に就職できます。

 

 

一方、人気のパティシエや料理人は

高い語学力と専門技術が必要です。

 

 

現地で仕事をするとはいえ、

渡航して移住生活を始めるには

ある程度のお金が必要です。

 

パリの中心部は物価が高いので、

お金が余っているのでなければ

住むのは避けた方が良いでしょう。

 

 

ワーキングホリデーのために

多額の借入などをすると、

 

せっかくワーホリで移住生活を始められても、

後で後悔する可能性があるので

気を付けましょう。

 

 

フランス移住で後悔!方法は?フランスに住むにはどうすればいいか?

 

海外移住を考える時、

一度はおしゃれで食べ物も

おいしいフランスに住んでみたい・・・

 

と憧れてしまいますよね。

 

 

そんなフランスに住むには、

パリに住むにはどうすればいいのでしょうか。

 

ここまでワーホリでフランスやパリに

移住する条件を紹介してきましたが、

ワーホリビザの有効期限は1年間です。

 

より長期的にフランスに住みたい場合は

どうすればいいのでしょうか。

 

 

フランスには外国人が取得できる永住権はなく、

退職後にお金さえあれば取れるような

リタイヤメントビザもありません。

 

フランスに長期的に住むには、

就労ビザやビジタービザ、

 

配偶者ビザなど自分に合った種類のビザを

更新し続けることになります。

 

 

ビザの有効期間は、

種類により3カ月~3年となっています。

 

フランスで暮らすと決めたものの

ビザの更新が面倒、

 

お金もかかるため

後悔するという可能性もあるので要注意です。

 

 

フランスでの住まいや職業を

日本語で探す場合、

「MixB」というHPが便利です。

 

 

mixb parisの「求人」のページを見ると

日本人向けの求人情報が見られます。

 

フランス語に自信がない場合は、

まずはmixbパリから求人を探してみると

良いかもしれません。

 

mixbはフランス意外にもドイツやイタリア、

アメリカ、カナダなどの欧米各国、

 

オーストラリアやニュージーランド、

上海、香港のサイトもあるので

覗いてみると面白いですよ。

 

 

ヨーロッパへの海外移住が

難しいと感じた時は、

 

フィリピン移住など

よりやりやすい条件の国で

仕事探しをしてみるのもおすすめです。

 

東南アジアでは、

タイなど日本人を歓迎してくれる国や

永住権が取得しやすい国もあります。

 

物価も安く金銭面の負担も

欧米に比べて軽くなるので、

海外移住が現実的になりますよ。

 

 

フランスのワーホリ、難しいのかについて

 

フランスのワーホリの

難しさについて紹介しました。

 

フランスは旅行先・移住先として

人気の国なので、無料で申請できるものの、

 

人数制限のあるワーホリビザは

倍率が高くなりがちです。

 

 

コロナ後、ワーホリビザに

チャレンジしてみるという人は、

 

申請はもちろん、

移住後の生活も考えて

入念に準備していきましょう。

 

コメント