大阪移住で後悔のアドレスホッパー?大阪の末路と求人(仕事)生活費と移住のおすすめ

スポンサードリンク
 





 

 

大阪移住での後悔はあるのか、

今まで移住をした人の意見を元に説明します。

 

大阪移住を検討している人は、要確認です。

 

 

アドレスホッパーが大阪移住して後悔?京都に移住して後悔、おすすめの道頓堀とナンパ

 

 

大阪移住の後悔とは、

どういったものなのでしょうか。

 

アドレスホッパーは

京都移住でも後悔と言っています。

 

大阪は、東京ほど

混雑しないと思われがちですが

【ほどよい田舎】ではありません。

 

通勤時のラッシュや

車の混み具合などはあります。

 

また、多くの人がイメージしている大阪は、

大阪市内のケースが非常に多いです。

 

大阪市内は地下鉄も張り巡らされており、

非常にスムーズに移動ができます。

 

ですが、市内を少し逸れただけで

不便さを感じます。

 

もちろん、田舎の方から出てきた人には

都会ですが・・・

 

都心部の方から来た人には、

交通面で不自由してしまいます。

 

そのため、車を持たなければ

ならなくなる可能性が高いです。

 

アドレスホッパーには、

一度の移住でわざわざ車を買うのは

リスキーです。

 

 

また、大阪は治安がいいとは

言えないエリアがあります。

 

知らず知らずにその地に住んでしまうと、

後々、後悔することが多いように見えます。

 

 

大阪の女の子と出会いたいなら、

おすすめは道頓堀でナンパです。

 

通称、ひっかけ橋とも呼ばれており、

有名なナンパスポットなので

そのつもりの女性もいます。

 

 

大阪から少し離れたとして、

京都はどうでしょうか。

 

観光地で日本の美しい建物や

風景が浮かびますが・・・

 

決して他所からの移住者に

優しいとは感じません。

 

電車が便利なのは

京都市内のごく一部のみです。

 

その他の地域は、

電車だけで過ごすには不便です。

 

そしてなにより、

京都は完全に観光と学生の街です。

 

学生マンションや学生向きの食堂、

観光客向けのスーパーなど・・・

 

社会人が優遇される機会は

少ないと言って過言ではありません。

 

 

アドレスホッパーの末路は?仕事の求人と生活費、結婚…そもそも気持ち悪い?

 

アドレスホッパーの末路について、

説明します。

 

アドレスホッパーは

生活費をどうしているのでしょうか。

 

もちろん、仕事をしながらの人が大半です。

ですが、移動する度に求人を探すのは

余程貴重な手に職がなければ難しいです。

 

今やテレワークが普及したことで、

どこの場所からも

仕事をできる人が増えました。

 

そのため、パソコン環境で

仕事をする人も多いです。

 

 

毎回転職し、日雇いや

アルバイトを探すというのも

結婚していないのなら可能です。

 

アドレスホッパーと言っても、

住所が定まらないのは不便です。

 

そのため、単純に住所不定は

気持ち悪いと怪訝されることもあります。

 

旅の好きな人同士であれば、

理解はあるはずです。

 

ですが、初対面の異性などには

なかなか言い出せません。

 

日々のコミュニケーションの中で、

「どこに住んでるの?」というのは、

自然な会話です。

 

そこで、アドレスホッパーだと言われると

微妙な顔をする人もいます。

 

 

大阪移住の後悔について

 

自分も大阪に住んだことがあり、

賑やかな繁華街にいました。

 

大阪の人は関東人からすると、

我の強いところがあります。

 

ですが、打ち解けると

面白く楽しい生活でした。

 

しかし郊外の方に出ると、

やはり電車は不便です。

 

 

京都へも電車で出掛けることが

多かったですが、

 

バスなどは観光客だらけで、

待ち合わせに遅れることも多々です。

 

見渡す限り、観光客か学生といった

町のイメージがあります。

 

そう考えると、

旅行でのイメージとは随分異なります。

 

 

学生時代の京都旅行は

とてもいい思い出でした。

 

しかし実際、住むとなると

様々な問題が出てくるはずです。

 

このように、旅行だけでは

その地の悪い部分はわかりません。

 

しっかりと計画を立てての

移住をおすすめします。

 

 

アドレスホッパーは究極の

ミニマリストにも思えますが、

 

やはり結婚や将来を考えると、

一般人には難しいものです。

 

独身時代に楽しむのなら、

非常に楽しい生活かもしれません。

 

ですが、妻や子供を連れて

転々とすることは困難です。

 

 

やはりどこかに、定住せざるを

得ないときが来るはずです。

 

その定住の地を探すためにも、

アドレスホッパーとして

あちこち探し歩くのは、

 

面白い生活が送れることと

想像がつきます。

 

コメント