台湾に移住!台湾移住、仕事で後悔?シニア、50歳の台湾移住、年金と老後…失敗した海外移住と台湾、物価と移住

スポンサードリンク
 





 

 

シニア世代の台湾移住が人気です。

 

日本へのアクセスもよく、

同じアジアということで

食事などの生活面が日本に似ていること、

 

さらに、治安がよく

公共施設が整っていることなどが理由です。

 

これからますます増えるであろう

台湾移住について調べてみました。

 

 

台湾どう?台湾移住してシニアが仕事、求人は?台湾移住ブログも紹介

 

シニア世代の海外移住が人気です。

 

長年あくせくと働いていた会社を

50代で早期退職し、

海外移住して、移住先でのんびり仕事しながら

余生を過ごす。

 

理想の早期リタイア生活ではないでしょうか。

 

シニア世代の海外移住は、

若い時と違って、

移住先選びには慎重になります。

 

若者のように、新しい環境で

思い切った冒険をするほどの勢いはないし、

 

できれば日本と同じような、

便利な生活を維持しながら安全に海外で生活したい、

そう思う人は多いはず。

 

そんなシニア世代の移住国として

台湾が人気です。

 

台湾の移住の方法や

メリットについて調べてみました。

 

50代で早期リタイアをした場合、

日本の年金をもらえるようになるまで

まだ少し時間があります。

 

年金がもらえるようになるまで、

少しでも移住先の台湾で働くことができれば、

経済的にゆとりが持てて安心です。

 

しかし、台湾で

シニア世代の日本人の求人はあるのか。

 

日本でも50代の再就職はとても難しいのに、

中国語も話せないアラフィフの日本人が、

台湾で仕事を見つけることができるのでしょうか。

 

台湾で就職して

仕事をしている日本人の職種をみてみると、

日本人教師、日本食レストラン、

日本企業の現地採用、コールセンターなどで、

 

たとえ中国語が苦手でも

雇ってくれる職場は結構みつけることができます。

 

また、シニア世代の経験や技術力を

評価してくれる企業もあるので、

まずは求人サイトで調べてみましょう。

 

ただし、台湾で働くためには、

就労ビザが必要になります。

 

若い人ならば、

ワーキングホリデービザの選択もありますが、

 

シニア世代が台湾で就労ビザを取得するには、

あらかじめ、

台湾で仕事を見つけておかなければなりません。

 

中国語も堪能で、

なおかつ

特別な専門スキルをもっているならまだしも、

 

一般のシニア世代の日本人が台湾に移住して、

現地で仕事を見つけるというのは、

あまり現実的ではありません。

 

できれば、日本で

年金が支給されるまでの間の生活資金は

貯めておくか、

 

海外移住しても働けるような副業を

持っておくのがいいと思います。

 

台湾の平均月収は

16万円程度と低めですが、

その分、物価が安いので

それほど生活費がかかりません。

 

贅沢をしなければ、

日本の年金だけでも

暮らしていくことができると思います。

 

夫婦でフリーランスで働きながら

台湾移住している日本人夫婦のブログです。

 

シニア世代の台湾移住生活が垣間見れて、

参考になります。

「日本人夫婦の台湾生活」

 

 

台湾移住でシニアが後悔?50歳の台湾移住と年金の失敗、物価…老後の海外移住と台湾

年金受給前の熟年50歳代が、

海外移住を実行しようとするのは、

現実的に少し無理があります。

 

台湾移住するには、何らかのビザが必要で、

50歳で取得できるビザの多くは、

現地で仕事することができません。

 

台湾で老後、海外移住をしたいなら、

年金を受給できる年齢になってから、

もしくは、台湾移住後から年金がもらえるまでの間の

生活資金を賄う十分な貯金をしておくのがいいでしょう。

 

では、台湾に移住するのに必要な費用は、

いくらぐらいかかるのでしょうか。

 

台湾は日本に比べると

物価が約7割程度といわれています。

 

比較的物価が安いので、

家賃、光熱費、食費などを含めた

毎月の生活費は13万円程度です。

 

海外移住したいシニア世代が、

年金だけでぎりぎり暮らしていける金額です。

 

ちなみに、

物価が安いといわれている

フィリピン移住の場合でさえも、

生活費が月10万円程度かかります。

 

ですので、

さすがに貯金ゼロは心許ないですね。

 

シニア世代の移住先で台湾が人気ですが、

台湾移住のデメリットとメリットについて

調べてみました。

 

台湾移住に失敗したと

のちのち後悔しないように、

移住前に知っておくといいでしょう。

 

台湾移住のメリットは、

親日家や日本語を話せる人が多くいて、

地域に馴染みやすいこと。

 

日本人会もあるので、

海外移住で孤立することがありません。

 

また、シニア世代の海外移住には

特に大切な食事が

日本人の舌にあっている、

 

治安が良く安心、

病院などの医療機関も整っている、

などがあります。

 

台湾移住のデメリットは、

給料が少ない、交通マナーが悪い、

そして、

日本に比べると不衛生であることが挙げられます。

 

街に、ネズミやゴキブリがいたり、

トイレが汚かったり、

日本の衛生的な環境に慣れていると、

台湾の衛生面が結構キツいと感じることもあります。

 

 

台湾の移住について

日本から飛行機で3時間の台湾は、

シニア世代の移住先として

ますます人気になるでしょう。

 

しかし、シニア世代にとって

現地で仕事を見つけるのは至難の技。

 

できれば、移住しても働かなくてもいいように、

しっかり貯蓄と将来設計をして

台湾移住を目指してください。

 

コメント