釣りのピトンとは?自作、使い方やマナー、磯釣りのピトンでおすすめは…打ち方やハーケンの釣り、アンカーの打ち込みとピトン

スポンサードリンク
 





 

 

「釣りのピトンは自作できるの?」

「ピトンってそもそも必要なの?」

 

そんな声が時々聞こえます。

 

 

ピトンも大事ですが、長時間の勝負になる釣りには

この椅子が最強です。

 

釣りが「別次元」のように快適になるからです。

 

最強の釣り椅子はここから手に入れてください↓↓↓


 これを相棒にすることで、

長時間釣りをしても疲れず楽しい時間を過ごせます

 

 

釣りのピトンを自作するメリット、必要性や、

おすすめピトン、

誰でもできる簡単な固定方法を教えます。

 

 

釣りのピトンとは?使い方やマナー、打ち方など

 

ピトンとは、本来登山用語ですが、

釣りのピトンは、堤防釣りや磯釣りで

岩の割れ目に打ち込んで使うものを言います。

 

磯や堤防での釣りは

ピトンの竿掛けを選んで下さい。

 

ピトンは釣りの荷掛け棒や

バッカン掛けとしての使い方もあります。

 

投げ釣りの様に三脚を持参しても、

足場が悪く固定ができず、

竿や荷物が飛んでいき危険です。

 

マナーだと思って、

ピトンを準備していきましょう。

 

 

ピトンの打ち方は、

わかりやすい動画が上がっているので、

参考にして下さい。

 

 

釣りのピトンはステンレス、樹脂、

アルミ、チタンがあります。

 

ピトンで釣り好きに人気が高いのはチタンです。

一番高価ではあるが、

丈夫さやコンパクトさが利点。

 

釣りの方法によってピトンの長さは違うので、

自分の釣りに合ったものを選択して下さい。

 

釣りのピトンにはパーツにタモやバッカン、

餌箱をかけるフックが

付属しているものがあり、便利です。

 

アドバイスですが、

釣り場でピトンを打つ時には

 

ハンマーも必要

(岩の割れ目が狭い、奥まで刺さらない時)

なので持参すると便利です。

 

 

釣りのピトンを自作?磯釣りのピトンのおすすめ、ハーケンの釣り

 

磯釣りでは

大物の魚を釣る場合が多いので、

丈夫なピトンが必要です。

 

釣りのピトンでおすすめのチタンは

確かに丈夫だが、高い…です。

 

そこで、最近では釣りのピトン棒と

竿受けを自作する人が続出しています。

 

釣りのピトンがほぼ必要な沖縄では、

堤防に予めドリルで穴が開けてあるので、

 

そこに自作のピトンを固定し、

ほぼ、お金をかけず釣りを楽しむ人も

多いのです。

 

このように自作は流行っていますが、

磯釣り界の大物の場合、話は別です。

最強なピトンが必要な釣りはクエでしょう。

 

釣りのピトンの中に

クエ用サイズがあるので、

それが一番安心です。

 

大型魚を釣る時は危険も多いので、

釣り場でピトンを磯に刺したら

アンカー止めが必要です。

 

釣り場でハンマーを使い打ち込みしても

ピトンの利きが悪い時はハーケンを使うと

しっかり固定され、安全に釣りが楽しめます。

 

「そこまで大物は狙ってない」

「手軽に磯釣りをしたい」というあなたは、

 

釣りのピトンをクーラーボックスに

固定するだけでも、

釣りを楽しむ人もいます。

 

参考にして下さい。

 

 

まとめ。釣りのピトン自作について

 

今は、なんでも自作できる時代です。

 

様々なアイディアを参考して、

自分の釣りスタイルにあったピトンを

作るのも楽しいかもしれないですね。

 

釣り場や魚の種類にあったピトンを使い、

安全に釣りを楽しんでもらえると幸いです。

 

コメント